もち麦と大麦の違いを簡単解説!

もち麦と大麦の違いを簡単解説!

皆さんはもち麦をご存知ですか?最近もち麦を食べられている方や、気になっているという方が多いようなので、今回はもち麦と大麦の違いについてまとめていきたいと思います。

Sponsored Link

もち麦とは

お米にも、もち米がりますよね?もち麦ももち米と同じようにもち性の大麦になります。

大麦よりモチモチ・プチプチした食感になっています。

1番の特徴としては、もち麦は殻類の中でも食物繊維が豊富なことから、今人気を集めてます。

食物繊維がどれだけ豊富なのかというと、白米の食物繊維が100gあたり0.5gに対してもち麦の食物繊維は、100gあたり10g以上も含まれているのです。

キャベツなどの野菜に食物繊維が多く含まれていると言われているのは皆さんもご存知ですよね?

しかし、そんなキャベツなどの野菜でも100gあたり2g程の食物繊維しか含まれていないのです。

それらと比べていただければもち麦に含まれる食物繊維の多さを分かっていただけるかと思います。

大麦とは

大麦は小麦と同じく世界最古の作物とされていて、約1万年も前から栽培されていたと言われています。

日本では小麦よりも早く大麦を食べられてきました。

今では白米を食べる人が多いかと思いますが、白米が食べられるようになるまでは麦飯として食べるのが当たり前だったそうです。

そんな大麦も、もち麦ほどまでとはいきませんが、白米のに比べて約10倍もの食物繊維が含まれているのです。

もち麦と大麦の違い

もち麦と大麦の違い

もち麦と大麦の違いについてですが、まずどちらも麦であることに変わりはありません。

もち性の大麦を精麦させたものがもち麦になるのです。

他にも大麦から様々な精麦の仕方をすることによって、押し麦なども作ることができるのです。

そして、それらも麦であることに違いはありません。

しかし、同じ大麦であっても上記でも記載した通りもち麦と大麦でも性質や特徴などは変わってくるのです。

大麦は食物繊維は豊富ではありますが、食感がパサパサしていたり、味が合わないと思われる方が多かったりして健康に良いということは分かっていても食されない方が多かったのですが、大麦をもち麦にすることで食感もモチモチしていて食べやすくなるうえに、食物繊維が大麦の約2倍にもなることから、今もち麦を食される方が増えてきているのです。

もち麦を美味しく食べる炊き方についてまとめたものがありますので、こちらをご覧ください。

もち麦の炊き方(鍋&炊飯器5割炊き)

もち麦と大麦の違い

〇違い

  • 食感が違う(大麦はパサパサ、もち麦はモチモチ)
  • もち麦の食方が食べやすい
  • もち麦は食物繊維が大麦の約2倍

小麦と大麦の違い

小麦と大麦の違い

ちなみに小麦と大麦の違いは食べ方も、含まれている成分も変わってきます

小麦は吸水率があまりよくないためご飯として炊くことはありません。

パンを作る時に必要なグルテンが入っているためパンを作る時に使用することが多いですね。

逆に大麦にもグルテンは入っているのですが、違う成分のグルテンになるため、パンをふっくらさせることが出来ないので、パンを作ると時に大麦は使用しません。

麦は麦でも成分などが変わってくるので小麦のアレルギーを持っている方でも大麦は食べれたり、大麦のアレルギーを持っている方でも小麦は食べれたりするのです。

Sponsored Link

まとめ

今回は、もち麦と大麦の違いについてまとめさせていただきました。

食物繊維は美容や健康にとても重要な成分になっています。

麦飯が苦手な方も、もち麦なら食べられる方もいらっしゃいますので、是非一度試しに食べてみてくださいね。

Sponsored Link


この記事をシェア!

GirlsCafeの最新ニュース情報を、いいねしてチェック!



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る