糖質制限ダイエットの第一人者が急死に!その危険性とは?

糖質制限ダイエットの第一人者が急死に!その危険性とは?

最近、糖質制限ダイエットが注目されていますが、その糖質制限ダイエットの第一人者である桐山さんが急死されていることをご存知でしょうか?

今回は、糖質制限ダイエットの第一人者である桐山さんが急死した理由に糖質制限ダイエットは関係しているのか?またどの様な危険性があるのかなどをまとめていきたいと思います。

Sponsored Link

糖質制限ダイエットの第一人者の桐山さんとは

糖質制限ダイエットの第一人者の桐山さんとは

桐山さんは中高年向けのダイエット方法を書かれた本を何冊も出されていました。

実際にご自身で糖質制限ダイエットを実践されていて、自分の効果をもとに書かれていました。

糖質制限ダイエットは、かなり効果があることから、第一人者の桐山さんは注目されていたのですが、2月6日に急死されたことから、週刊誌や医師たちの中では「極端な糖質制限ダイエットのせいではないか?」と言われていました。

実際のところ100%糖質制限ダイエットが原因ではないとは言えませんが、糖質制限ダイエットは関係ない可能性が高いと思われます。

桐山さんは本来、肥満であったことから糖質制限ダイエットを始められていました。

その間も全く糖質を摂っていなかったわけではなく、量を減らしておられてだけです。

そして、その糖質制限ダイエットを成功され健康な体型になられてから4年~5年は、糖質の量も増やされて、いたって健康的な軽い糖質制限しかされておられませんでした。

今回はホテルで心不全により急死されたということで、明確な理由が分からず、糖質制限ダイエットの第一人者でもある桐山さんは、「糖質制限ダイエットのせいだ」と思われてしまっているのです。

糖質制限ダイエットの危険性について

糖質制限ダイエットの危険性について

 

糖質制限ダイエットは、確かに全く危険性のないダイエット方法だとは言い切れません。

糖質は人間の体にとって、とても重要な栄養素でもあります。

その糖質を極端に制限してしまうと体に影響が出てきてしまう可能性もあります。

また、ダイエット依存症などになっておられる方で、痩せる必要のない人には向いていません。

ダイエット依存症になっていてる方はすでに食事を抑えておられると思いますので、その上に糖質を制限してしまうと体に何らかの影響や危険性が出てきてしまいます。

糖質制限ダイエットを始めたばかりに食事の栄養バランスがとれなくなってしまう方にも向いていません。

やはり、どの様な食事制限のダイエットでもバランスよい食事でなくてはいけません。

あくまで、糖質制限ダイエットは、本当に痩せたい人や痩せなくてはいけない人に向いています。

そして、極端に制限するのではなく常識のある範囲で体に負担がかからないように少しずつ減らしていくようにしましょう。

また、糖質制限だけでなく軽い運動をするようにしましょう。食事制限だけのダイエット方法は基本的にリバウンドしやすいですし、より一層健康的にダイエットするなら運動をおすすめします。

糖質制限ダイエットの注意点
〇注意点

  • 糖質も人間の体には必要な栄養素だということを忘れてはいけない
  • 極度な糖質の減らし方はしない
  • ダイエットする必要のない人には向いていない
  • バランスの良い食事を心がける
  • 軽い運動も取り入れる

これから糖質制限ダイエットを行われる方は、少しでも危険性があるのかなどを知っておきたいと思います。

そこで、天海祐希の心筋梗塞との関係についてまとめたものがありますので是非こちらも参考にご覧ください。

⇒糖質制限ダイエット方法 天海祐希の心筋梗塞との関係は?

Sponsored Link

まとめ

今回は、糖質制限ダイエットの第一人者である桐山さんが急死した理由に糖質制限ダイエットは関係しているのか?またどの様な危険性があるのかなどをまとめさせていただきました。

桐山さんの場合、糖質制限ダイエットの第一人者だということもあり有名であったため、急死の理由として噂されていた可能性が高いので、急死と糖質制限ダイエットはあまり関係がないと考えられます。

しかし、食事は人間にとってとても大事なものです。

ですので、間違った糖質の制限のやり方をしてしまうことで体に影響が出てきてしまうという可能性もありますので、十分に気を付けて糖質制限ダイエットを行うようにしてくださいね。

間違った糖質制限をしなければ危険性のないダイエット方法になります。

Sponsored Link


この記事をシェア!

GirlsCafeの最新ニュース情報を、いいねしてチェック!



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る