スーパー和食の献立に大変身!その、ちょい足し素材とは!?

スーパー和食の献立に大変身!その、ちょい足し素材とは!?

最近注目されているスーパー和食を皆さんご存知でしょうか?

気になっておられる方もおられると思いますので、今回はスーパー和食の献立やちょい足し食材についてまとめていきたいと思います。

Sponsored Link

スーパー和食の献立の作り方

スーパー和食の献立の作り方

和食は体に良さそうというイメージは皆さんもあると思います。

ですが、今回紹介させていただいているスーパー和食の献立の作り方は、ただただ和食を揃えれば良いというものではありません。

和食であるメニューが全て体に良いのか?というと、そうではないからです。

では、どの様な献立で食事をすればいいのでしょうか?難しい献立となると面倒だし、やる気もなくなってしまいますよね。

しかし、スーパー和食の献立の作り方は、そんなに難しいものではありません

普段の食事にスーパー和食のとなる食材をちょい足ししていただくだけでいいのです。

それでは、献立にプラスするちょい足し食材を紹介してきたいと思います。

ですが、その前にスーパー和食について詳しくまとまさせていただいたものがこちらにございますので、是非こちらからご覧ください。

⇒スーパー和食ダイエットのやり方とその効果とは!?

スーパー和食に変身させる、ちょい足し食材とは

スーパー和食に変身させる、ちょい足し食材とは

それでは、スーパー和食の献立に変身させてくれるちょい足し食材を紹介していきたいと思います。

それは、魚・野菜・海藻・卵です。

卵ってダイエットされている方は軽減しがちな食材だと思いますが、体にとっても良い食材ですのでスーパー和食としては最適なのです。

とりあえず、理想のスーパー和食の献立を1つ紹介しながら説明していきたいと思います。

理想のスーパー和食の献立
〇献立

  • 麦ごはん
  • 味噌汁
  • きんぴらごぼう
  • 魚の煮つけ
  • 大根サラダ
  • お漬物
  • 酢の物

上記のスーパー和食の献立ですが、これだけを見ていただくと、毎日こんなにたくさん作るなんて大変!と思われるかもしれません。

しかし、よく見てください。

きんぴらごぼう・魚の煮つけ・お漬物・酢の物などについては、何日か分作り置きしておけるものばかりです。

ですから、ちょい足し食材を考えて上手に献立を考えていただければ、毎日大量に作らなくてはいけないというわけではないということなのです。

次はもう少しちょい足し食材について上記の献立を使いながら説明していきたいと思います。

ちょい足し食材の説明
〇説明

  • 麦ごはん・・・白米でも問題はありません!お米を食べることに重要性があります。
  • 味噌汁・・・スーパー和食として大豆は必要不可欠です!具材にわかめ・野菜を入れていただければスーパー和食として理想的な味噌汁になります。
  • きんぴらごぼう・・・きんぴらごぼうもスーパー和食として、かなり効果抜群です。ひじきなどに変えていただいてもOKです。
  • 魚の煮つけ・・・特に青魚は、煮ることによってEPA・DHAの効能を上げることが出来ますし、余分な油を使わずに調理することが出来ます。
  • 大根サラダ・・・大根サラダは腸内を綺麗にしてくれる効果があります。しかし、大根サラダでないといけないということはありません。サラダでキッチリ野菜を摂取しましょう。
  • お漬物・・・お漬物は健康・美容に様々な効果が期待されています。
  • 酢の物・・・なかなか酢を献立に入れるのは難しいですが、モズクやワカメなど海藻と一緒に調理できるのでスーパー和食として理想的です。

他にもご自身でちょい足し食材を入れ込みながら、オリジナルの献立を考えて見てくださいね。

また、スーパー和食に挑戦してみたものの痩せなかったという方についてまとめたものもこちらにございますので、是非ご覧ください。

⇒スーパー和食ダイエットの口コミや痩せない方の共通点

Sponsored Link

まとめ

今回は、スーパー和食の献立やちょい足し食材についてまとめさせていただきました。

普段料理をしない方や、一食2品程しか食べていないという方からすれば、こんなけの献立を準備するのは面倒ですし大変かもしれません。

しかし、そんな生活を続けていくと不健康に繋がってしまいますので、これを機に少しずつでもご自身の食生活にちょい足し食材をプラスしてみてはいかがでしょうか?

Sponsored Link


この記事をシェア!

GirlsCafeの最新ニュース情報を、いいねしてチェック!



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る