縄跳びダイエットの効果的な時間帯と、カロリー消費するコツとは

「縄跳び」は非常に効率のよい有酸素運動で消費カロリーが多く手軽に始められると最近密か人気のダイエット方法なんですが、どうせダイエットをするなら効果的にカロリーを消費できる時間帯を見極めたいですよね?

この記事では、1日のどの時間帯に縄跳びダイエットを行えばいいのか、縄跳びのメリットと一緒に見ていきましょう。

Sponsored Link

効果的な時間帯はズバリ「」なんです。

縄跳びに限らず、有酸素運動でカロリーを消費するのに効果的な時間帯は「朝」というのは知っていましたか?

朝が縄跳びダイエットに効果的な理由は、

朝が最も効果的な理由

  1. 空腹であること
  2. 1日の始まりであること

なのです。

人間は空腹の状態の方が体に溜め込んだカロリー、つまり脂肪を効果的に燃焼させます。

満腹の状態だと取り込んだばかりのエネルギーを使おうとするのです。

さらに1日の始まりに有酸素運動をすることで、体のスイッチが入ってその後の日中も代謝が良い状態=カロリーを効果的に消費する状態が維持されます。

いつも通りに動いているのに、縄跳びの時間帯を見極めるだけでダイエットがはかどるなんて、とても嬉しい話ですね。

「1日の始まりである」「空腹である」この2つの条件が揃うのが「朝」というわけです。縄跳びを始める前に筋トレやストレッチをすると、体がほぐれて怪我をしにくくなります。

また、筋肉が刺激されることで、さらなる効果が期待できます!

Sponsored Link

短時間でも効果は抜群!

縄跳ダイエット方法は脚痩せにもっとも効果的といわれています。

また、縄跳びダイエットが効果的な理由として大きなものが2つあります。1つは「消費カロリーが多い」で、もう1つが「基礎代謝が上がる」です。

消費カロリーが多いということは短時間でも効果的ということなので、忙しい朝にやるにはピッタリのダイエット法ですね!

具体的には縄跳び10分で100kcalで、同じ有酸素運動のジョギングよりも多いとされています。

また、基礎代謝が上がることで同じ動きをしていても、消費するカロリーは多くなります。

ですので例え朝の10分間の縄跳びで消費したカロリーが100kcalだけだったとしても、1日全体では結果的により多くのカロリーを消費していることになるのです。

さらに日常動作の中でも消費カロリーの多い階段の上り下りや自転車での移動を積極的に取り入れることで、より効果的なダイエットが期待できます。

まとめ

短時間でも効果的にカロリーを消費できる縄跳びを、1日の始まりである「朝」に行うことで、より高いダイエットの成果を得ることができます。

さらに眠っていた体を起こしストレッチや筋トレも合わせて行うことで怪我を防止したり、脂肪の燃焼を活発化することができます。

忙しい中でのダイエット、時間帯や体の状態を見極めて、賢く効果的にカロリーを燃焼させましょう!

Sponsored Link