8時間ダイエット方法 お菓子などの食事と軽い運動についてのまとめ

今、メディアなどでも取り上げられ話題となっている8時間ダイエット。

その8時間ダイエット方法は、ご存知ですか?

やってみたいけれど、朝食やお菓子などの食事のとり方や、運動の取り入れ方など、イマイチ分からないことがいっぱい…という方もいるのではないでしょうか?

そこで、この記事では、8時間ダイエット方法とは何なのか、朝食・お菓子などの食事と取り入れるべき軽い運動についてまとめました。

また、空腹の16時間を乗り切る方法についてもまとめてみました。

Sponsored Link

8時間ダイエット方法とは?

午前9時から午後5時、あるいは午前11時から午後7時の8時間しか食事をとらないというダイエット方法。

8時間ダイエットのやり方については下記記事参照。

8時間ダイエット方法 はまやねんが成功した理由と注意点について

2015.10.16

8時間は何を食べても構わない上に、残りの16時間に脂肪がどんどん燃えるため、カロリー計算なども不要だそう。

いきなり毎日行わなくても、週3日ほどで効果は期待できます。

お菓子やおやつは食べてもOK?

8時間ダイエットで、食べてはいけないものはありません。

なので、もちろんお菓子やおやつを食べても大丈夫ですよ!

ただ、摂取したほうがより良いという、おすすめフードはあります。

朝食などにおすすめ8種のスーパーフード

  • 卵と脂身の少ないお肉
  • 乳製品
  • ナッツ
  • 豆類
  • ベリー系
  • 色の明るい果物
  • 穀物
  • 緑の葉野菜

これらの中から2種類以上を、8時間の食事に取り入れることがおすすめされています。

好きなものを何でも食べていい、とはいえ、ダイエットに効果的なものを食べるに越したことはないのでしょう。

Sponsored Link

軽い運動を取り入れるって、どんな運動をすればいい?

運動をするにも、「軽い運動」をどれぐらいすれば良いのか。これは、散歩やストレッチなどでOKなんです。

とにかく、習慣づけて動くことが大事です。

空腹の16時間を過ごす

運動だけで空腹を紛らわすのは難しいものです。

そこで、運動以外におすすめの16時間の過ごし方をご紹介します。

お風呂に入る(半身浴など)

体を温めて、血液を体の表面に循環させておくことで、食欲抑制の効果もあります。

読書や編み物など

食べること以外で何かに集中すると、空腹感を忘れることができます。

温かい飲み物を飲む

ゆっくりと飲むことで、気分も落ち着いて満足感を与えます。

アロマなどの香り

空腹のイライラを抑えるには木の香り、柑橘系の香りも食欲を抑える効果があります。

まとめ

8時間ダイエットをまとめてきましたが、いかがでしたか?

食事は、何でもOKということですが、くれぐれもお菓子の食べ過ぎには注意してくださいね。

また、8時間ダイエット方法では、お菓子などを食べることはなどももちろんOKなんですが、毎日決まった時間に食べることでさらに脂肪燃焼効果があがりやすくなるので、その点はおさえておいた方が結果につながりやすいといえるでしょう!

散歩やストレッチ、ウォーキングなどでもいいので運動を取り入れることを忘れず、習慣にして行いましょう。

軽い運動は、空腹時の気分転換にもなるでしょう。

またこのダイエットは、会社勤めされている方より、生活が不規則だったりついついお菓子をつまんでしまう…

といった方におすすめできそうですね^^

Sponsored Link